画廊・ギャラリー

  • 前週 >
  • 次週 >

9/12(木)〜10/9(水)

  12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
7階 美術画廊
 
華・華・華 高山博子 作品展
■9/12(木)〜9/18(水)
ピカソ ミロ シャガール フジタ
20世紀の巨匠版画展
■9/19(木)〜9/25(水)
 
第19回 奄美の叙情 越間巽 染織展
■9/12(木)〜9/18(水)
芹沢銈介 染の世界展
■9/19(木)〜9/25(水)
 
7階
ギャラリ
101
 
第6回 出嶋正樹 作陶展
■9/12(木)〜9/18(水)
アンティークマイセンとヨーロッパ名窯展
■9/19(木)〜9/25(水)
 

※タイトル・会期等は予告なく変更になる場合がございます。


華・華・華 高山博子 作品展

■9月12日(木)〜9月18日(水)
■福屋八丁堀本店7階 美術画廊(最終日17時閉場)

2年ぶりに高山博子先生の作品展を開催いたします。
「生命への感謝と輝きを祈りとともに表現した精神世界を感じていただきましたらうれしいです」。そんな先生の言葉通り、生命力あふれる筆致で描かれたボタンや薔薇などの花や、思わず手を合わせてしまいたくなるような菩薩を描いた新作を一堂に展観いたします。ぜひご高覧くださいませ。


第19回 奄美の叙情 越間巽 染織展

■9月12日(木)〜9月18日(水)
■福屋八丁堀本店7階 美術画廊(最終日17時閉場)

鹿児島から45年ぶりにふるさと奄美へ移転して創作を始めました。珊瑚礁の海での貝紫染。アマミアラカシの木で奄美の固有亜種天蚕の飼育など。
エメラルドの海、亜熱帯の森など、美しい自然の情景と豊かな恵みに触発されながらゆったりと創作しています。この度、再スタートの機会をいただきました。ご高覧を賜ります様ご案内申し上げます。
越間 巽


第6回 出嶋正樹 作陶展

■9月12日(木)〜9月18日(水)
■福屋八丁堀本店7階 ギャラリー101(最終日17時閉場)

窯に重曹を投入し、化学変化で釉薬を成すソーダ技法はヨーロッパが発祥。イギリスでこの技法を学ばれた出嶋正樹先生は日本におけるソーダ釉の第一人者として活躍されています。今回は「釉×釉」をテーマに、ソーダと釉薬の交わりや差異を意識して製作された新作を展観いたします。日本の伝統的な釉薬がソーダ技法と組み合わさることでどのように変化を遂げるか、一点一点変化にとんだ作品たちをぜひお楽しみください。

〈予告〉ピカソ ミロ シャガール フジタ
20世紀の巨匠版画展

■9月19日(木)〜9月25日(水)
■福屋八丁堀本店7階 美術画廊(最終日17時閉場)

〈予告〉芹沢銈介 染の世界展

■9月19日(木)〜9月25日(水)
■福屋八丁堀本店7階 美術画廊(最終日17時閉場)

〈予告〉アンティークマイセンとヨーロッパ名窯展

■9月19日(木)〜9月25日(水)
■福屋八丁堀本店7階 ギャラリー101(最終日17時閉場)